男の子の命名の流行の変化|画数だって大事!子どもの名前を付ける時に参考にしたい占い

画数だって大事!子どもの名前を付ける時に参考にしたい占い

男の子の命名の流行の変化

たくさんのサイコロ

男の名前で少し前まで人気だったのが「はると」「りく」「いつき」等、親しみやすく優しい響きの名前です。どんな漢字を当てはめるかによってまた変わりますが、だいぶ覚えやすいです。 その傾向が最近変わってきて、古風な名前が見直されつつあります。一昔前はダサい、古臭いと敬遠されていた漢字も取り入れられつつ、「大和」「大河」といった、男の子らしい、力強いイメージの名前が好まれています。字画を気にして違う漢字にすることもあるでしょうが、読み方はだいぶ和風なものです。また「彦」「士」といった漢字も好まれていますが、そこは我が子の名前です。人気ではあってもなるべく他人とかぶらないように命名したいと思うでしょう。インターネットで男の子、命名と検索するとその種のサイトがたくさん見つかりますから、よくよく思考して決めましょう。

少し前、昭和の時代には「太郎」「一郎」「之介」といった名前がよくありました。例えば「健太郎」「幸一郎」「淳之介」等です。こういった太郎、一郎が最後につく名前も男の子らしく人気が出てきているようです。また、こうした三文字、四文字とは正反対に潔く一文字で決めるのも男の子らしくて良いと根強い人気があります。漢字によりますが「尊」と書いて「たける」と読ませるなど、古風でありながら古臭くなく、現代風でもありますね。 キラキラネームと呼ばれる読み方が難解なだけでなく人名として奇妙ととられかねない名前のせいで、批判されたり色眼鏡で見られたりして、罪のない子供が鬱になるというケースが過去にあります。子供の将来を考えるなら、親の自己満足で安易な名前はつけるべきではないでしょう。